So-net無料ブログ作成

2015-11-08 (日) Angeles Miss contest [写真]

 お早う御座います、Angeles Sunrise の続きです。

 2014年10月撮影、ミスアトランティス。

DSC06673.jpg

DSC06677.jpg

DSC07387.jpg

DSC07470.jpg

DSC08337.jpg

DSC08110.jpg

DSC08697.jpg

DSC08699.jpg

 金の玉ネックレスが、飛び交いました。

 2013年8月のミスドールハウスでは、一人の娘さんに、1,000ペソ札が集中して、会場は大盛り上がり。此の時は、最後の写真の3人の娘さん達に、一連5,000ペソの金の玉ネックレスが飛び会ました。特に2人娘さんは、其の数が判らないほどでした。

 此の時は、審査委員は置がず、ビーズ・金の玉ネックレスのプレゼントされた数にて、ベスト3が選出されるって、審査基準が変更。何ともお店側の都合の良い審査方法だこと、ネックレスの売り上げの多くは、お店側の収益。娘さんには其の一部とか、ペソ札ほどには、有り難味が無いのでは。

 コンテストの最後の最後、2人娘さんへのプレゼント合戦、永遠に続くのでは無いかって程、お店側が煽ります、其れに応えて、二人の娘さんの後援者、お互いに競い会います。此の時ばかりは、他のお客さん、居ないのかなって状態。

 300,000ペソ以上が、此の一時にて、お店側の収益と為るのですから、お店側として堪りませんよね、お客さん側も堪った者では有りませんって状態でした。此の街での此の金額ですから、大金ですよ。

 今年はどの様な審査方法だったのでしょうかね。

 此れにて Angeles Niss Contest を、終わります。

 2015年8月のミスアトランティスにも行ったのですが、最近のブログに掲示したばかりですので、割愛させて頂きます。

 明日からは、2015年8月15日に撮影した、スコアーバードホテルにての、プールパーテーを、此れでもかって程に、掲示いたします。

 それにしても、Angerusu Miss Contest の企画、私的に色々と思い入れが在り、、ブログ掲示に熱が入りました。ありがたい事です。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

コメント 2

JUN

Y-papaさん

こんばんわ。
お久しぶりです。

今年のミス・ドールハウスには、審査員は居なかったと思います。
自分は、9月のシルバーウィークに訪問しましたが、その時、イベントマネージャーが、審査員を置かない様に言っていました。
どうやら、ドールハウスグループ各店のマネージャー間で、ジャッジ制度について意見の相違があるようです。
昨年のドールハウスから審査員を置かなくなったので、ドールハウスの現在のマネージャーは、ジャッジ制度について否定的のようです。
今週から行われるクリスタルパレスのミスコンでも審査員を置かない様に言っていました。
と云う事で、ジャッジ制度が復活したのは、今年のポニーテールとアトランティスのミスコンだけのようです。
(自分は、たまたま、ミスポニーテールの時に現場に居合わせましたので2日目のジャッジを引き受けました)

それから、最近、撮影可能なイベントが少ないですが、スコアバードHのプールパーティー以外に、金曜日の晩に開催されているディナーショーも撮影可能です。
各店のチームダンサーによるダンス中心ですが。

また、今年のハローウィンのイベントでは、アトランティスがペインティングのモデリングをしていましたが、これは撮影可能でした。
現在は、イベントについても撮影出来ればラッキー位に思わないと駄目なように思います。
by JUN (2015-11-08 17:35) 

Y-papa55

 JUN さん、今晩は。

 情報を頂き、有難う御座いました。

 審査委員の件、グループ内にて考えが異なるって事で、此れから、此のままなのか、ハタマタ流れが変わるのかって事は、解らないみたいですね。

 私的には、審査委員を置いて貰いたいのですが、お店事情に寄るって事ですか。審査委員を置けば、其の接待はお店の出費と為りますが、置かなければ、ビーズの売り上げが増え、収入に為るって事ですね。

 でも、ビーズ判定の場合、其の娘さんの後援者が明らかに為ってしまい、写真小僧として、興ざめ。一般のお客さんとしても、ヤッパ、興ざめするのでは無いでしょうか。

 マア、後援者の居る娘さんとしては、後援者以外は眼中に無いでしょうし、後援者が居るって事が、誇らしい事なのでしょう。

 マアそんな事を言って見ても、大盤振る舞いの出来る後援者が付く限り、ビーズ審査は続くのでしょう、商売ですから。そして今、不景気だそうですから。

 撮影状況について、ラッキー狙いでは、撮影小僧にとって、厳しい状態ですね。ショーが日替わりで撮影できた時代って、もう来ないのでしょうね。

 ホテルにて撮影できるのは良いのですが、昼間の場合、アンヘレスとしての雰囲気が今一、夜のお店での、撮影が有れば、良いのですがね。

 情報を頂いたのに、愚痴ばかり、御免なさい。


by Y-papa55 (2015-11-08 21:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。